読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

出会いはどこから来るかわからない

※多大なネタバレを含みます
閲覧の際はご注意ください
 
 
 

 


 
 
劇団☆新感線の舞台『Vamp Bamboo Burn〜ヴァン!バン!バーン!』を観てきた。
斗真くん主演、ジャニーズWESTの神山くん出演ということで最近神ちゃん気になるし!と思って観に行った。
この舞台で初めて見た斗真くん。
登場シーンを見るなり「美!美!美の暴力〜〜〜〜!!!!」と双眼鏡を覗きながら大興奮だった。
神ちゃんも色っぽくて、爽やかな嫌味、それをさらっと演じていてうまいなあと思った。
二階席だったので、ダンスとか追いきれなかったけれど。。
小池栄子さんのかぐや姫は勇者ヨシヒコでの天女さまっぽくてとても「テレビで見た人!」感がすごかった。そして可愛かった。
新感線さんの舞台自体初めてで、どんな舞台なのかわからないまま観に行ったのだが、コメディ色が強くて笑いっぱなしだった。
それは宮藤官九郎さんが脚本だからなのかな。

そしてなにより今回心を奪われたのは竹井役の中村倫也さん。
最初は特になんとも思わずいけすかねーチャラいホストだな(役柄です)くらいだったが、途中の女装してダンス(カツラ取るまで気づかなかった、というか双眼鏡を覗きもせず全体を見ていた)シーンを見てからグッと心を奪われた。
しばらく女装姿が続き、女装しているのに男に戻るところとかがとても良かった。
もはやこれは私のフェチである。
うすうす感じていたけれど(例・スキャナーの安田くん)、今回認めざるをえなかった。
その瞬間から中村くんばかり追っていた。
竹井はかぐや姫の生まれ変わりであり、竹井のままかぐや姫として喋るのだが、女言葉も柔らかな仕草も男なのにかぐや姫だった。
最後、藤士櫻と竹井の殺陣のシーンは圧巻だった。
出来ることならもう一度、最初から竹井の変化を追いながら見たい。
円盤化しないのかな〜難しいのかな〜〜。

舞台を見てから2日経ってまだ余韻に浸っているけれど、日に日に竹井の記憶が薄れていくのが悲しい…。
ジャニーズを目当てに観に行ったのに最終的に中村くんに落ちて帰ってきたので観劇は何があるかわからない。
しかし俳優沼に落ちるわけにはいかない…(金銭的にも他にももろもろ)
Droomの上野樹里ちゃんにプロポーズしてる彼と竹井が同じ人だと思わなかったので俳優さんってほんとすごい…。ウシジマくんや日本で一番悪い奴らとかの方が今回の役とイメージ近いのかな…。

あ〜〜もう一度竹井に会いたい!