読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

あの子に恋をしている

 

3月12日に京セラドームへももクロのライブ、アマランサスを見に行った。
初めてのひとり参戦。始まるまではビクビクしてたけれど、始まってしまえば一人とかそんなことは全く気にならなかった。
席もスタンドの前列と結構良席だったしアリーナと違い埋もれることなく観れたのが良かったのかも。
私はアルバム引っさげてのツアーに参戦したのは今回が初めてだったので、アルバムの世界を作り上げるももクロにただただ感動した。
本当に他のことを考える暇もないくらい感動しっぱなしだった。
今回どれだけ自分のテンションが振り切ったかというと、普段コールで声を出すことのない私ですが、うりゃおいも杏果コールも全力で声を張り上げた、それくらいです。

今回のライブはメンバー5人それぞれに見所があって、それぞれ個のスキルが上がってるなあと感じた。
今までのようにアクロバットや激しいダンスが中心ではなく、曲を「表現」することに寄っているように思う。
 
何度か書いてるけれど、私は緑の杏果推しだ。
初めてDVDを見た瞬間に杏果に落ちてから変わらない。
杏果の声と歌とダンスと、全てに引き込まれた。
今回のアマランサスを見て、今まで端っこにいた杏果が確実に前に来ている。気がする。
いうならば「推されている」
私は決めポーズで杏果が5人の真ん中にいるだけでとても嬉しかったし、誰よりも大きいパフォーマンスをしていたと思う。
推しというフィルターがかかっているし、今回に関しては杏果を見るのに忙しくて他のメンバーを注視出来なかったので私の中ではそうだった。
近くの他担より遠くの自担状態だった。
 
そして何より感動したのは杏果のソロパフォーマンス。杏果ブログ曰く「何かを叩く」杏果。
初日のレポでなんとなくぼんやりネタバレを踏んでたような気がするけど、実際見たらそんなネタバレ、ネタバレにならない…。
最初にちょろっとするだけなのかなと思ったらそのまま曲が始まって、そのまま続いて、気付いたら終わってた。
びっくりしたのと感動したのとでふらふらだった。そしてちょっと泣いた。
 
今までももクロはみんな好きだけど特に杏果が好き♡くらいだったけど今回のコンサートを見て大好きになったし、もう杏果以外よそ見できないんじゃないかってくらい魅了された。
先の音楽番組の夏菜子の言葉を借りるなら「恋しちゃってる」んですね。
杏果が幸せで、杏果が幸せになるならできることならなんでもしてあげたいし、私は杏果がももクロで歌って踊ってるだけで幸せ。
 
今のこの気持ちを書き留めておきたくてこのブログを書いた。
 
今回の京セラアマランサスが私の初日で、白金の夜明けの初日は西武ドームなので白金の夜明けがどんなライブになるのかワクワクしている。
 
最後になりましたが、3月15日杏果21歳の誕生日おめでとう!
ツアーだからか杏果の誕生日やらなかったみたいですし、来年こそは誕生日ライブがあればいいなと願いつつ、夏のソロコンが楽しみ。