読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

ももクロの紅白卒業を受けて

ジャニーズ
先日、紅白歌合戦の出演者の発表があった。
司会はV6のイノッチだし関ジャニ∞Sexy Zoneも出場決定で喜んだ。
しかし、紅組にももクロの名前がない。
正直な話、だろうな、と思った。
映画や舞台はあったものの、音楽活動的には目立った動きがなかったからだ。
私は2014年の桃神祭以降ライブに行っていないしCDも買っていないので知らないだけかもしれないが、言い換えればももクロファンじゃない人から見てもこの程度の認識だろうと思う。
なので去年、杏果がインフルエンザで出られなかったリベンジはまた来年になるなと思っていた。
しかし同時刻、公式からの発表は「紅白卒業」
意味がわからなかった。
杏果のリベンジも出来ていないし何よりあかりん*1との約束は?*2
このぐるぐるした言いようのない気持ちは以下のブログに書かれている。
このブログを読んでストンと自分の気持ちに腑に落ちた。


そこで私がここ最近感じていること。
ももクロはもう「アイドル」から少しずつ離れようとしているのではないか。
ももクロといえばアクロバティックなダンスが持ち味。しかし最近はそういった楽曲も少なく、テレビ的にもそういうパフォーマンスを求められていないのかな、と思う。
先に書いた通り、1年以上現場からは離れているのでライブでは違うかもしれない。
アクロバティック以外でも魅せることが出来るんだぞ、とシフトしている最中なのかもしれない。
しかし彼女たちの所属事務所は俳優事務所であり、彼女たちは女優を目指して事務所に入っている。
今年は『幕が上がる』という映画と舞台があった。そういった面もあるし年齢的なものもあり、そろそろ終わりを見ているのかな、と今回の紅白卒業を聞いて感じたことだ。
まだ若いとはいえジャニーズのアイドル*3と違い女子ドルははっきりと終わりがある。
ももクロは年を取ってもアイドルでいたいと言っていたような気がするが、現実的には難しいだろう。
若いアイドルはどんどん出てくる。
実際、妹分たちの台頭に押され気味なところがある。
乱暴な言い方になるが、女子ドルには期限がある。
なのでこのタイミングで少しずつ女優へシフトしていくのでは、とぼんやり考えていたことが少しずつ形になってきた気がする。
そんな中の「紅白卒業」だ。
一気に現実味を帯びてきたようで怖くなった。
なぜ「落選しました。来年頑張ります」じゃだめだったのか。
なぜ「卒業」なのか。
もしかしたら来年はないのかもしれない。そんな気持ちが湧いてしまった。

こう思うのにはもうひとつ理由がある。
11/24のベストアーティストで発表されたKAT-TUNの田口くんの脱退及び退所だ。
デビューして、人気もあり、東京ドームで公演までするグループにいる彼がジャニーズ事務所を辞めるのだ。
デビューして成人を越えれば余程の不祥事を起こさない限り、デビュー組が辞めることなどないと思っていた。
ジュニアはデビューを目指して活動をする。
そんな中デビューして人気グループになってまさか辞めることがあるなんて考えもしなかった。
しかし彼にはこの人気を、グループを投げ打ってでも辞めるに至った理由があるのだろう。それが何かなんてわからないし、該当担でもないので彼に対してアレコレいう事はしない。
ただ、アイドルが私たちに与えてくれるものは普遍ではないのだ、と知らしめられた。

だから私は彼女たちが、運営が、どういう経緯でこの結果に至ったのかわからないけれど、カウントダウンをやると決めたのならそれでいいと思うことにした。
来年は五大ドームツアー*4をるすのでひとつひとつの現場を大事にしていきたいと思う。

最後に。
同じ方のブログですが、漠然とした不安も文になっていたので。

20151128加筆修正

*1:元メンバーの早見あかり

*2:ももクロは出場歌手として、あかりんはその年活躍した女優として紅白の舞台で共演しようという約束

*3:男性アイドルの代表として上げさせていただく

*4:関東は東京ドームではなく西武ドームなので正式には五大ではない