読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

戸塚さんが好きだと思う気持ちを思うままに

戸塚さんを担当にしたきっかけは以前書いたのだが、もう一度(自分の)おさらいのために書いておく。

私が戸塚さんに落ちて戸塚担となったのはアリサマオーラス、城ホで見た戸塚さんのソロでだ。
その前のA.B.C-Z LOVEで戸塚さんが「抱かせろよ」と言った辺りで半分落ちていたのだが、ソロ曲のドラマでファンに歌わせようとこちらをガン見していた、その目力に完全に落ちた。

立ち見席でステージなどろくに見えず、唯一見れたモニターに映し出された戸塚さんの目力に逆らえなかった。
パームライトを抱きしめ膝から崩れ落ちるかと思うくらいの衝撃。
私は戸塚担になる…と思った瞬間だった。

決定打で背中を押されたのはコンサートだったが、その前から広島に原爆を落とす日や恋ヴァを見て戸塚さんが気になりまくっていた。
一番最初に見た生の戸塚さんがディープ山崎なので、舞台で演技をする戸塚さんが大好きだし、ABC座の余韻でそれをずっと思い返していた。

そして戸塚さんが坊主になったときのことを読んで、おこがましくも同調してしまったのも理由のひとつ。
自分だけ踊れなくて悔しくて貢献できないなら出ない方がいい、辞めようという覚悟で頭を丸めた。
そのエピソードが痛いほど胸に刺さった。

私はそんなに大それたものを抱えてはいない。
それでもすべてを捨ててゼロになりたいと思うことがある。
最近はそのたびに戸塚さんを思い出して、戸塚さんも迷い悩み爆発するんだと思うだけで、私も頑張ろうと力をもらえる。

戸塚さんはアイドルだけれどすごく人間味に溢れていて、それがとてもわかるエピソードでそこが戸塚さんの好きなところ。
もしかしたらこの背景がなければ戸塚担にならなかったかもしれない。
それくらい、誤解を招くかもしれないが、好きなエピソードだ。

辞めようと思ってもメンバーがいるから、ファンがいるから辞めなかった。
自分一人だけのものではない。

そう思い止まってくれてありがとう。
辞めずにいてくれたから私は戸塚さんに出会えた。