読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

テレビの人。

サマパラ8/26夜のMCでたぶん塚ちゃんのテレビ告知からの流れだったと思うが、戸塚さんの塚ちゃんへの「すっかりテレビの人だなあ」がずっと心に残っている。

実のところまだいろいろ未見なものもあるので、サマパラが終わってなにも補足のないモヤモヤ状態、という時点での話だと思ってください。


私がA.B.C-Zをちゃんと知ったのは今年の1月に少クラを見返してからで、追いかけ始めたのは4月の戸塚さん主演の舞台『広島に原爆を落とす日』と映画『恋するヴァンパイア』から。
なのでこのリリースラッシュ、テレビラッシュのちょっと前にハマった。
運が良かった。

なので私がファンになったときはテレビといえば少クラとえびちゃんズーくらいでまだテレビを点ければ出ているという状態ではなかった。
けれどその期間も短く、アルバムが出たこともありプロモーションでたくさんテレビで見ることになった。
主に塚ちゃんと河合くん、時々戸塚さん、橋本くん。
五関さんはテレビ的露出はほとんどなかったように思う。

そのプロモーションで各番組を一周した結果、塚ちゃんはアウト×デラックスのレギュラーを得て、ウワサの食卓(実際最初に出たのはなるほどレストランで戸塚さんと一緒だった)ではレギュラー?というくらい出て、いつのまにかコーナーも得て準レギュラー?レギュラー?のような位置を獲得していた。
その他にも単発でバラエティに出てはしっかり爪痕を残し「金髪筋肉塚ちゃんです」を浸透させた。

実際自分の周りでは話に出ることはないのでどれほど浸透してるのかわからないけれど、私の母も私がアウデラを教える前にアウデラを見ていて塚ちゃんは覚えていたので一度見たら忘れないのだろう。そう考えるとやはり浸透率は高いのかも。

そんなテレビに出まくって知名度をぐんぐん上げてる塚ちゃんを「テレビの人」というのはすごくわかる。
それを戸塚さんがしみじみいうものだから、なんだか込み上げるものがあった。その一言で胸がいっぱいになって、そのあとの塚ちゃんや他のメンバーの反応を覚えていないのが悔しいところ…。

この言葉を聞いたあとに雑誌を読み返していると、直近の雑誌でも結構似たようなことを言っていたのでずっと考えていたことなんだろう。

戸塚さんはずっと一貫してグループ外だと俳優になりたいと言っていて、それが今年出演映画が二本公開され、昼ドラにもレギュラーで出て戸塚さんこそテレビの人だよ!と私は言いたい。
塚ちゃんとジャンルは違うし爆発力も違うかもしれないけれど、確実にメディアのなかにいる。

(個人的にはジャニーズにいるだけでスタートから一歩前にいると思っているけれど、今回は置いておく)
(ジャンル内の知名度がファンのなかで高いのはどこでも同じだけれど、ジャニーズという母体のでかさがそう思う要因かと)

私は塚ちゃんと戸塚さんの同級生コンビ、いわゆる戸塚田という組み合わせが好きだ。
入所時期こそ違えど、同じ年で長年苦楽を共にしてきて、そんな二人が個々にテレビに出て活躍して、片方が「テレビの人だな」といっているのがたまらない。
語彙が貧困すぎてうまく言葉にできないけれど、他でもない、戸塚さんが言ったからこんなに心に刺さったのだと思う。

塚ちゃんはバラエティでありのままをさらけだしててたまに大丈夫?と勝手に心配になっている。
切り売りしすぎでは?と思うけれど塚ちゃん自身は自然体らしいから平気、なのかな。

戸塚さんは「テレビの人」「テレビに出続けてください」というからには、それを支えてください、と思う。

そして『塚ちゃん』だけでなく『A.B.C-Z』としてもっともっと世間に広まってほしい。
『塚ちゃん』自身の知名度は確実に上がっているしジャニーズのグループってくらいは認識されていると思うけれど、果たして『A.B.C-Z』がわかる人がその中でどれくらいの割合なのか。

塚ちゃんの自己紹介でグループ名は言うから名前くらいはわかるかもしれないけれど、何人組で、他のメンバーは、まではまだまだかもなと思う。
そのためには個々の知名度もだけれどグループでも出れなきゃいけないんだよな!

お笑いの話になるけれど、昔、トリオ芸人がどうやったら売れるか、でダイノジの大谷さんが「個人それぞれ得意分野で有名になれ、そしたらトリオでも売れる」というようなことを言っていた。(これはグランジに向けられた)
もちろんその売り方の向き不向きはあると思うけれど(比較するならバラ売りよりセット売りされてるキスマイとか)、A.B.C-Zはこの売り方が合うと思うし、実際こういう売り出し方をされてると思う。

バラエティ班が塚ちゃんなら俳優班は戸塚さん。
二人で礎を築いてその上でグループ全員が活躍しますように。