夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

同担拒否に思うこと


先日ツイッターで流れてきたブログでフォト一揆というものを初めて知り、二次元界隈でよく行われている「無限回収」なるものを思い出した。

フォト一揆は自担の人気を公式に知らしめるため、自担へ還元させるためだと読んだので、厳密には別物だろうと思う。
私は同じものを複数持っておきたいタイプ(保存用、観賞用、予備など)だが、わざわざ人から譲渡してもらってまで集めようとは思わない。
もちろんクジなどで自分では手に入れることができなかったものを1個2個譲ってもらうのはわかるが、譲りや交換に出てるものを片っ端から集めようとは思わない。
自担(好きなキャラ)を手元に置いておきたい気持ちもわかるけど。
無限回収の目的がわからない。
同じ様に痛バックもよくわからない。
痛バックは好きキャラをアピールするためだと思ってたら同担拒否の意味があるというのを聞いて驚いた。
二次元のキャラにもそんなシステムがあるのか…と。

ちなみに私は同担拒否ではない。
「私だけの◯◯くん!」という過激派ではない。
むしろ自担の良さは同担にしかわからないとさえ思っている。
それは自分と同じ様に自担を「主観」で見ているだろう、という点で。
他担のことは客観的に見ているだろうなと思うから。
もちろん、他担が自担の事を語るのが嫌!ということもない。みんなで語り合おうぜ☆くらいの感じ。
人の自担語りとかも聞きたい。
でもそれこそ「担当」というシステムを客観視しているジャニーズ新規だからそう考えてしまうのかもしれない。
担当に入れ込んでる人はこんな考えしてるやつは担当名乗るなと思うかも。

そんな私でも同担拒否を思い浮かべる人が一人(一組)いる。
お笑いコンビのLLRだ。
お笑いの世界には自担とか同担とかそういうジャニーズのような独自の表現はないが、今回は便宜上ジャニーズ的な表現を使う。

私は特に福田さんの方が好きで、最近はモンペか?というくらいタチが悪くなってきている。
好きになった当初(2009年頃)は同じLLRファンとはあまり触れ合いたいと思わなかった。
むしろ他の人の考えるLLRのことや、福田さんのファンだ、と言う話を聞きたくなかった。
今思うと同担拒否に似た感情なのかなと思う。
なぜか「取られたくない」と思う感情があった。私のものなわけないのに。

しかしそれも落ち着き、今ではこれからの彼らについていろんな人と話したかったりする。
自分で囲うにはもう重たすぎる。
そこらへんの話をしだすと長くなるので今回は割愛。そのうち書きたい。

個人的にジャニーズで同担拒否が出ないのは大前提として「グループが好き、次に個人」だからだと思う。
お笑いコンビはコンビとしても個人としても距離が近くて距離を見失う。だから私のものでいて、という感情が多少なりあったのだと思う。

同担拒否は結局「担当がリア恋枠」だと思っていて、グループが好きでなおかつジャニーズは二次元だと思ってる私にはリア恋枠が存在しないから同担拒否がないのかな…と考えた。

フォト一揆から同担拒否と話が飛んだけれど、担当を意識し始めた今、文に残しておく。