読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

多種売りと複数買い

ジャニーズ

8月16日のえびちゃんずーにてA.B.C-Zの初シングルCDの発売が発表された。

そこでTwitterをみていてちょいちょい話題になってた多種売りについて思ったこと。
あくまでも私個人の意見なのでそれがいいとか悪いとかではなく、コイツはこう思っているんだ、程度の軽さで読んでください。


発売形態は
・初回A
・初回B
・初回C
・通常盤
・SHOP盤5種

の計9種。
もしかしたら他にあるのかもしれないけれど最低でも9種。
それぞれ特典が違うので全部見るためには全部買う必要がある。
A.B.C-Zは元々DVDリリースなのでそれに比べれば単価は安い。
かなり安い。
(私がファンになったのはスペトラ後なので、リアルタイムでDVDを買った経験はない)
それでも全部買えば1万円ほどするし、買えるっちゃ買えるし厳しいっちゃ厳しい。

そしてTwitterを見ていて「初シングルだから多種売りしてても買う」「他グループだと文句でるだろうけど」みたいなツイートがあって、わりと多種売りに否定的なひとが多いんだな、と感じた。

それまで特になんの疑問もなくホイホイ買っていたので新たな発見だった。
私、多分すごく良い鴨。
疑問に思わなかったのはアニオタ出アキバ経由ジャニーズだからかな?と思ってるけど実際あまり関係ないかも。

私がジャニーズでリリースされれば必ず買うのは関ジャニ∞だけだったし、私が買い始めたときにはすでに3種は普通だったのでなんの違和感もなかった。
エイトのCDを買うときも何も思わなかった。
「そういうもの」だった。
ファンとして収集癖がある者として全種類揃えるのは当たり前だった。

他のグループが各リリースごとに何種類出してるのかわからないけれど、大体3種くらいだと思ってる。
JUMPもWESTもたぶんそれくらいだった気がするので。


その多種売りでセールスを伸ばすのはやり方として反対はしない。
アキバの握手券を求めて何十枚何百枚買って何百万円注ぎ込もうがそれは個人の自由だし、それだけ推しにかけられるんだからその人は楽しいだろうなと思う。
アキバ層がどれだけ売上1位に拘ってるかはわからないけれど、推しを1位にしたいという気持ちは誰のファンであっても一緒だ。
私もアキバに推しメン*1がいるし、総選挙で1位にしてあげたいけれどCDを買って投票をしたことはない。
優先順位というものがある。
アキバに関して、ジャニ用語を借りるなら完全に茶の間だ。

推しメンが選抜に入ればラッキー、テレビに出れればラッキーくらいの気軽さ。


多種売りとはまた違うけれど今まで経験した「公式に踊らされてるな〜」ということをいくつか。

  • 特典CDを手に入れるために本誌、単行本、ドラマCD、の購入、さらに振り込みをする。
  • アニメDVDは全巻購入特典が店舗によって違ったりするし、全巻購入のために約半年、毎月8000円程の出費がある。
  • 単行本は書店によって付く書き下ろしペーパーが違うのでそれを手に入れるために同じ本を4、5冊買う。

結局どのジャンルのオタクも収集癖があればお金がかかる。

 

CDを買って1位にさせたい、という気持ちはあるけれど結局のところそれは二の次だ。
ファンとして全種類揃えておきたい、その結果が1位なら万々歳。
買えない人は買わないという選択肢があるし、この特典そそられないと思えば買わなくてもいい。

身も蓋もないことをいえば、あとからお金を積めばいくらでも手に入る。(物によっては積まなくても手に入る)
後悔してあとから積まなくていいお金を積むくらいなら、最初にちょっと無理してでも買う。

それが私のオタクとしてのモットーだ。


個人的にはレコード会社のSHOP盤があることに驚いてる。そこでメンバー各種特典つきで出してるんだからね…。


特典を一枚にまとめてくれればディスクの入れ換えしなくていいから楽だな〜とは思う。
しかしそれによって単価が上がってしまうのなら取捨選択できるようにして手頃な値段でご提供した方が買う人は増える、のかな。


いつも以上に支離滅裂で何が言いたいのかわからなくなったけれど結局のところ全て個人の自由!なんですよね!

*1:あきちゃこと高城亜樹