夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

テレビをリアタイできない理由

私はテレビをリアルタイムで見ることが苦手だ。
もちろん、毎週毎週放送を楽しみに正座待機してリアルタイムで見る、ということをしないわけじゃないしその気持ちはすごくわかる。

けれどもなぜかリアルタイムで見れるにも関わらず、その時間には録画した番組やDVDを見たりする。
そして同時にTwitterでリアルタイムでやってる番組のタイムラインを追っていたりする。
もはや何をしたいのかわからない状態。

父も番組を録画しながらすでに録画している過去の番組を見たりしていた。
当時は全く意味がわからなかったけど、今は私も同じことをしているので父の文句は言えない。
多分、父と私はやってることは同じでも理由は全く違うと思う。

私はなぜこんなことをしているのかと改めて考えてみると「自分の望まない展開、苦手な展開が開かれていないか」を確認しているんだと思う。
「これがこうなる。よし、安全だ、見よう。」となる。

バラエティーなどは番組の傾向さえわかっていればそんなに気にしない。
リアタイ出来るものはするし、深夜放送で録画したものはわりとすぐ見る。(アメトークやアツアツなど)
ドラマはまずリアタイしない。
ドラマ自体滅多に見ない。
基本的にテレビを見ていて「笑う」ことに重点を置くのでドラマもコメディテイストのものばかり見る。
33分探偵、勇者ヨシヒコなどはふわっと見れるので好き。両方とも福田雄一監督という共通点。)
ハラハラドキドキする展開が好きじゃないので、ドッキリ系の番組も苦手。

そして仕事が立て込んでいて気が滅入っている時は新しい情報を入れずずっと同じものを見ているのでその流れで一度逃すとずるずる、というパターンもある。

また、放送時間に家にいなくても録画さえしていれば「録画してるから」と特に気にしもしない。頑張ってリアタイ!という意識が低い。
録画してることに満足しているただのコレクターである。

そういう感じなので番組やコンサートのネタバレは全然気にしないし、なんなら見るポイントを前もって教えてくれてありがとう!とさえ思う。

もちろん一緒に盛り上がりたい!という気持ちはある。だけどリアタイするにはヨイショ!と腰を上げるのが大変だったりする。矛盾。

今、時間になるとテレビの前に集合する番組はえびちゃんずーだけである。