読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢売るふたり

お笑いとアイドルが好きなしがないDDオタ

解散について思うこと

お笑い

 


思ったことの書きなぐりなので支離滅裂です。

推敲もろくにしてない。

それでもお付き合い頂ければ幸いです。

(後でちょっと触れるので言いますが、前提としてわたしはLLRファンです)



クレパトが今年いっぱいで吉本を辞める。今後のことは決まってないけど、芸人を辞めるわけではなさそう。

ロシモンも、マキパも解散。


ロシモンは川口さんが名古屋でサラリーマン。中須さんは芸人を続けるらしい。

マキパはわからない。

ロシモンは公表してたらしいけど、THE MANZAIの認定漫才師になったことで多少猶予が延びたのかな。それでもワイルドカード枠にも入れず、結局解散。

マキパも6月くらいから考えていたこと。公表こそついこのあいだの話。


クレパトの年内で吉本を去るのはホントに想像してなかった。むしろ、クレパトはずっと残ると思ってた。

自分たちでライブを打ってLOFT系列で定期的にやってたし。

博品館で単独もやったし、ルミネでもやったのかな?とにかく有言実行のごとく色んなことをやってきてたから、まさか事務所を辞めるとは。

というか、自分たちでライブを打つからこそ事務所からは煙たがられてたor吉本でいる必要がなくなったのかな。


クレパトが吉本辞めることにより、7期がホントに少なくなってきた。ライパッチも今年解散している。田中さんは残ってる?けどコバさんは引退。

残ってるのはLLR、竹内さん、こんにちは計画、ですよ。、くらい?NANAで考えるならイシハザもか。

ライブに定期的に出てる人で言えばLLRと竹内さんくらいか…。


LLRも福田さんの「今は来た仕事をこなすだけ」発言もあるし8月の単独で「もうやりません」と銘打ってるし、そろそろ危ないかもしれないな。

THE MANZAIワイルドカード枠落ちして伊藤ちゃんが「また頑張ります」とは呟いてたけど

もうそれを鵜呑みには出来ない。

LLRについては今語るとキリがないのでそれはまた追い追い。


解散ブームと括るのはすごく嫌だけど、わたしの中でなんとなくカリカから始まっている気がする。

カリカの解散に始まり、Bコース、ハリガネロック、アーム、少年少女、メルヘン倶楽部、若月、ライパッチ、(ミルククラウン)などなど。

カリカが辞めたことにより2期が劇場で頑張ってるから辞めない、という雰囲気だったのがストッパーが無くなった感じ。

あとは同時に8期以上の無限大卒業、その後は11期以上?の卒業でそれまでの無限大芸人の行き場がなくなってしまったのも要因かも。


新しくできた幕張や大宮の劇場にも疑問が残るけど。やっぱり都内じゃないから行きにくい。通えない。わたしもLLRの単独じゃなかったら行かなかった。

週末よしもとみたいに人を集めるわけじゃなく、ルミネや無限大ホールのような集客をしようとしてるのが無理あるのでは。


2009〜2011年くらいがたぶん劇場のピークだったと思う。無限大で言えば、ピースとノブコブの卒業がひとつのきっかけのような気がする。

新人は湯水のように、とは言わないけどどんどん出てくるし、ずっと上の人が劇場に残ることは不可能だと思うし変革も大切だけど、テレビに出れない、劇場に出れない(ホームがない)ではその板挟みで結局辞めるしか道はないのかも。


最近の劇場事情はよくわからないから間違いだらけかもしれないしただの懐古厨かもしれないけど、ここに来てのロシモン、マキパの解散、クレパトの事務所を辞めることを受けて今までのぐるぐるを文字にしてみた。


支離滅裂で矛盾だらけだと思うけど、自分の心の整理。

ここまで書いて全く整理つかなかったけど、ちょっとずつでも昇華させていきたい。